月波珈琲

喫茶店巡りその3

去年の冬だったかなぁ。喫茶店巡りをしてたときに見つけたお店「月波珈琲」。

吉祥寺の東急百貨店の裏手にある個人経営店が多く並ぶ通りからちょっとずれた建物の地下にあった。店内の様子は見えず、完全禁煙、お子様連れはご遠慮くださいの注意書あり。お店の新規開拓するのことに慣れてない人が入店するにはかなりの勇気が必要な雰囲気だった。

この記事を書いてて思い出した。真冬のクリスマスイブにこのお店に来たんだ…外はイルミネーションとたくさんのカップル。なんで一人で吉祥寺に行こうと思ったのかはさておき、寒さと虚しさが重たい敷居の高そうな扉を開ける後押しをしてくれた。感謝である(;ω;)

店内は思った以上に狭かった。多分席数はカウンター合わせて20席なかったと思う。

どっしりとした木のテーブルに色んなカップの入った棚。物静かなマダムが一人でやっているらしい。この時のお客さんは読書をしてる年配の男性や年配の女性グループだけだった。外の喧騒とは打って変わり静かな空間で、「これぞ喫茶店、最高だ!」と一人で考えてた気がする。悲しいやつである。

メニューをみると横に注意書があった。

喫茶店には珍しく長時間の滞在はご遠慮下さいとのこと。まあ、厳密言えば完全禁煙なので喫茶店ではないのではあるが…

珈琲に自信があるから、携帯みたり読書をしながら飲まないで珈琲だけを楽しんでくれ、そして飲んだら他のお客さんのために席を譲れと言うことらしい。

こんなに自分でハードルをあげて提供してくれる珈琲飲まないで帰るなんてバカである。すぐに珈琲を頼んだ。ついでにタルトケーキも頼んだ。

初めてのお店と言うのもあって、レギュラー珈琲にした。初めてのお店は有名なメニューがあるなら別だが、ふらっと入ったときは何頼むか迷うときがある。お店の人に聞くときもあるけどだいたいオーソドックスなものを頼んでしまう。オススメの注文の仕方を知ってる人がいたらぜひ教えてもらいたい。

肝心の珈琲の味だが、薫りが強くかなり濃いものの酸味と苦味のバランスが丁度良い飲みやすいものだった。キャラメルタルトとの相性がとても良かった。注意書するだけはあったと思う。珈琲は濃いのでガブガブは飲めない。しかし一杯をゆっくり堪能すると丁度一時間経ちそうだった。時間配分も完璧でスゴいの一言に尽きた。

マダムに聞いたら5年程前から経営されてるらしく、ネットでも隠れ家的な美味しい珈琲店として紹介されていた。夜はバーとして営業しているらしいので、また次は夜に伺いたい。

珈琲が好きな人はぜひ一度立ち寄ってみるといいかもしれません。