菜香園

何故、ときどき人は無性に体に悪そうなジャンクフードや油物が食べたくなるのだろうか…

私は普段からお酒や油物を過剰摂取するのだが、それでもなお無性に食べたくなる時が来る。

そんな時によく行くのがこのお店、菜香園である。武蔵小金井駅南口にあるイトーヨーカ堂に隣接している建物にある中華料理屋。この辺りは大学が多いためか安くて量が多い店がチラホラ。とりわけここの中華料理屋は原価計算しているのかと心配になるほど、量が多くて安い。

今回はカラフルセット(880円←前回の反省を活かしてメモしてきた)とトマトハイ(190円)を注文。

トマトハイは中ジョッキでこのお値段である。さっぱりしていて油っこい中華には最適である。そしてカラフルセット。実はこのセットはデブにはたまらない炭水化物セットなのだ。2つのジャンルから1つずつメニューを選び、それにサラダやスープなどがついてくるのだが、なぜか選択できるメニューは中華丼や土鍋などのご飯系から1つと刀削麺などの麺から1つずつ。控えめに言って頭がおかしい。女性や子供は食べきるのは辛いと思う。私も初見で完全にやられた(´・ω・`)ちなみに味は勿論おいしい。中華はどこに行っても失敗しない、世界で一番安定した食文化であると実感する。

 

ちなみに、これは別の時に行った写真だが、油淋鶏定食(800円以下)である。写真技術がショボいため量が分かりにくいかと思うが、子供の拳くらいの油淋鶏が山盛りに盛られている。おそらく2000kcalはあるのではないだろうか。カロリーの暴力である。しかしこの背徳感とも言える量がたまらないのだ。

 

なんだかお腹が空いてきた。また、行こう。