聚福楼(じゅふくろう)

この前、学生時代の先輩後輩と久しぶりに会った。わざわざ国際学会の帰りに寄り道してくれた先輩、社畜の後輩ありがたや。

みんな飲んべえかつ好き嫌いも少ないので、私のチョイスでウサギを食べに行くことにした?

行ったお店は聚福楼(じゅふくろう)という池袋にある中華料理屋。結構有名なお店で、店員もお客様も中華系の人が多い。食べなれた故郷の味なのかもしれない。メニューはほとんど唐辛子で真っ赤なやつばかりだった。

ウサギは日本では下手物の部類になるのかもしれないが、中国では普通に食べるのかな?他にも珍しいものではワニや羊、カエルがメニューにあった。今回は人数も少ないので鴨肉、センマイ、カエルの炒め物、ウサギの丸焼きを注文した。

まず来たのはウサギ?ぶつ切りで出てきた。前に来たときは丸々一匹の姿で見せてくれたのだけど、混んでたからか見れず。残念。量は3人でかなり満足できるくらい。ひたすら網で焼いた。味はちょっと鳥に似てるかな?意外とあっさりして食べやすかったけど、後輩は苦手と言っていたので好みは分かれるのだろう。クミン等のスパイスをかけて食べると美味しかった。


カエルの炒め物は唐辛子の油煮みたいで、きゅうりやもやし等の野菜と一緒に油で煮込まれていた。こちらはかなり山椒が効いてて刺激が強かった。しかし不思議と唐辛子の辛さは強くなくパクパク食べることができた。

センマイと鴨は無難。至って無難。不味く作れるはずがない。美味しかった。

とりあえずどのメニューもビールが進んだ。やっぱり青島ビールはあっさりしてて良いなぁ。

先輩も後輩も疲れたおっさんになってたけど、これからも頑張って下さい…

最後に。ここの中華料理とても人気で美味しいのだが、予約がイマイチ取れない。予約してても名前がなかったり席に案内するまで普通に待たされたりする。どうやら、ぐ○なびみたいな外部のサイトから予約するとうまく予約ができないらしい。まあ、店員中国人だしね。大変なんだと思う。確実に予約するなら店に直接電話をすると良い。店員もそう言ってた。一生懸命忙しなく働いているので寛大な心で待ってあげるとご飯がより美味しく感じるのでオススメ。